リンク・アイとは

トップメッセージ

トップメッセージ

「アイカンパニー」の時代

小笹 芳央

「アイカンパニー」の時代=現在の日本社会は、「自分株式会社」を経営するといった自立型の人材を求めています。「自分探し」よりも「自分創り」のスタンスを持ち、自立的に人生を切り開いていく人材を多くの企業が探し求めているのです。

そこで、採用・人事領域において企業ニーズを熟知する(株)リンクアンドモチベーションは、これまで培ってきた経験を活かし、高品質な自己成長プログラムを大学生に提供する(株)リンク・アイを立ち上げました。

多くの企業がグローバル化する中で、海外の人材の登用を進めていますが、私は、資源のない日本が、一番誇れるのは“人材資源”だと確信しています。

皆さんが、無味乾燥な大学生活ではなく、新たな一歩をこのリンク・アイに踏み出し、自らを高めることで、日本の未来を切り開いてくれることを心より願っています。

株式会社リンク・アイ 取締役会長

株式会社リンクアンドモチベーション 代表取締役会長

小笹 芳央

ひとりひとりの「強い志」を育み
「強い日本」を創り出す

渡辺 隼太

あなたはなぜ働きますか?
あなたはなぜ就職活動をしますか?
就職活動は自分に何を問う活動ですか?

どんな仕事をするか、誰と働くか、を問う前に考えてもらいたいです。

人はひとりでは生きていけない。
必ず価値の交換活動が必要です。
すなわち生きていくためには誰かにもらうことが必要です。

ではどうやったら人からもらうことが可能なのか?
シンプルに誰かに何かを与えることです。

働くとは、誰かの役に立つこと。

では、
あなたは誰の願望を実現したいですか?
あなたは誰の問題を解決したいですか?
あなたは誰に関わり続けたいですか?

この問いに答えることがキャリアを考える(就職活動)ということです。

自分の生きている残りの時間を誰に費やしたいか、
どう生き、どう死にたいか、そのレベルで考えている
ビジネスパーソンは日本にどれくらいいるでしょうか?

言い換えれば、「強い志」を持って働いている人は
日本にどれくらいいるでしょうか?

これまでどう生きてきたか、
世の中で言う自己分析も大事かもしれません。

ただ、過去は変えられない。
過去に振り返って自分を探しているよりも、
変えられる未来だけを向いて自分を創っていく。

不確実性が高まる社会の中で、
活躍できるのはそうした「強い志」を持った人材であり、
そういった人材を輩出することがリンク・アイの使命だと考えています。

ただ、「強い志」は全員が生まれ持っているものでは決してありません。
自明性を問うてくれる他者を使い、育んでいくものです。

リンク・アイは適切な問いを与えるパートナーとして、
ひとりひとりの「強い志」を育み、
「強い日本」を創り出す存在でありたいと考えています。

私たちと一緒に「強い志」を育んでいきましょう!

株式会社リンク・アイ

代表取締役社長

渡辺 隼太