自分だけの意味を追いかけた先にある世界 自分だけの意味を
追いかけた先にある世界

東京統合拠点

川原 功也 KOYA KAWAHARA

2020.4. Joined

KOYA KAWAHARA

PROFILE

プロフィール

・2020年リンク・アイにジョイン
・九州大学 教育学部卒
・学生時代はNPO法人にて支部代表を務める

INTERVIEW

成果の先にある「働く意味」を追うことの大切さ

幼少期から競争の中で認められることにこだわってきました。
良い成果を出せば認められる、仲間を守る為には強くあらねばならない。
勝ちに拘っている組織で成長をしたい一心で入った学生団体。
理想とは裏腹に達成を目指すものの数字が全く伸びない日々でした。

そんな時、ある後輩から
「川原さんは自分らのことを駒としか思ってないんですか?」という言葉をかけられました。一気に頭が真っ白になったことを今でも覚えています。

手段が目的になってしまった時、大切な仲間の感情さえも踏みにじってしまうこともある。成果の為ではなくその先にある「意味」を追いかけるからこそ最後の一歩を踏み出せる。今に通ずる学びを得てからは嘘のように成果が挽回していきました。

社会に出てからも大切なことを伝え続けられる自分でいたい。
目的や意味を追う大切さをひとりでも多くの方に届けたいと感じ、
現在の仕事に取り組むようになりました。

「変わる瞬間」を共に創れる存在へ

キャリアアドバイザーとして「変化」への背中を押してあげられるような存在になりたいと考えています。

時には自分では気づずに誤った方向へ歩みを進めてしまっているかもしれません。特に最終面接前後では答えの無い未来へ意思決定をする恐れが、一段と襲ってくると思います。決めなくてはならないという気持ちとは裏腹にひとりで道を切り開ける程、人間は強くありません。

私も後輩からの言葉があったからこそ今があります。一人ではなく、誰かと壁を越えていく。誰かの言葉で学べることもあるのだとしたら、その誰かでありたい。

ひとつひとつの変化を恐れることなくチャレンジできるように、何を叶えたいのかという未来へ向けてのエネルギーを力に変えられる存在でありたいと考えています。

その人にしかない「働く意味」を見つけ出したい

プロである以上、成果を出すことは必ず求められますが、 成果だけではなく価値を共に追うことで仕事は面白くなると考えています。 この就職活動期間で仕事をする意味を、成果を出すために頑張れる理由を一緒に探しに行きましょう。

働く意味は与えてもらうのでなく、正解があるものでもありません。競争の中で秀でることだけを考えるのではなく、自分がその仕事を通して何を届けたいのかを就職活動で見つけてほしいと思います。