企業のオンリーワンの物語を伝えられる存在になりたい 企業のオンリーワンの物語を
伝えられる存在になりたい

大阪統合拠点

山根 三弘 MITSUHIRO YAMANE

2020.4. Joined

MITSUHIRO YAMANE

PROFILE

プロフィール

・2020年リンク・アイにジョイン
・東京大学大学院 工学系研究科卒
・学生時代はよさこいサークルの代表を務める

INTERVIEW

組織の代表として感じた「個人と組織の間に生まれる葛藤」

大学時代に所属していたよさこいサークル。サークルだからこそかもしれませんが、目的達成に本気な人もいれば、気楽にやりたい、という人も所属し、気付けばそれぞれが欲求を投げつけるだけのまとまりのないチームになっていました。

綺麗事だったとしても、本気で頑張りたい子たちの思いが否定されることも、その熱さのせいで存在意義を感じられない人も救いたい。全員が居心地を感じられるにはどうすればいいかという葛藤の連続でした。行きついたのは全員の想いが集まった「チーム目標」を創る事。結果、目の色が変わり目標に全員が賛成してくれた瞬間があった事を今でも覚えています。諦めずに自分の居場所、存在意義を全員が感じられる場所を作れたことが何よりの感動でした。

社会でも同じことが起こっていると思っています。会社という「組織」にいるからこそ、個人と組織の間にある思いのズレという葛藤に全員が悩んでいる。だからこそ、その両者の思いや意志を繋ぎ、自分のいる組織に存在意義と喜びを感じられる人を増やしていきたいと思っています。

企業の物語を学生に伝える「ストーリーテラー」としての役割

就職活動は、自分の想いを企業にぶつけるだけでは上手くいきません。「当社がベストではないと思います」「他の企業様でも実現できるのではないでしょうか?」就活をしていたら一回は必ず企業から投げられる言葉です。

学生の皆さまひとりひとりに、その人がその人として生きてきたからこそ生まれるオンリーワンのストーリーがあります。自分自身の過去を深掘り、自分だけのメッセージを紡いでいくことで生まれる唯一無二の物語です。

しかし同時に、企業にも、創業時から今に至るまでの「ストーリー」があります。そこから目を背けてしまっては、真に共感できる、エンゲージメントを育める出会いは生まれないと思っています。

だからこそ自分が学生さんに向けて企業のオンリーワンのストーリーを伝え、企業と個人の唯一無二のエンゲージメントを生み出していくストーリーテラーとして両者を繋ぐ媒介になりたいと思っています。

個人と組織の志のつながりを創れる存在に

生きているすべての人に志があり、ストーリーがあります。同時に、企業にもその企業にしかない志、ストーリーが存在しています。

自分の志を大切にすることは何より大事ですが、それだけではありません。その志と企業の志がどう繋がるのか、ストーリーがどう重なるのかを考え、決断していくことが、自分が幸せなキャリアを歩んでいくために何より重要なことだと思っています。

自らの志は大切にしながら、企業や社会のストーリーにも耳を傾けられる。そんな真の相互選択が出来る就職活動をしてほしいと願っています。