スタコラ

vol.509 意味づけ力

vol.509 意味づけ力

こんにちは。WESTユニットの髙倉です。

 

私事ですが、日々肉体改造に取り組んでいます。

そう、全ては今年の夏(半年後ですが)、

ビーチで鍛えられたボディをお披露目したいがために!!

 

毎日、夜な夜な筋トレを行っているのですが、

たまに帰宅時間が遅くなると

「今日はもう疲れたからやめておこうかな」と

心が折れそうになります。

 

ただ、ある秘訣のおかげで

今のところ約1ヶ月間、毎日継続できています。

 

その継続の秘訣は「意味づけ力」にあります。

 

「意味づけ力」とは、

取っている行動に対して目的を見つけられない時でも

その行動を継続するために、

「やりたいこと」「やるべきこと」

紐付けることができる力のことです。

 

上記の肉体改造の例でいうと、

たまに夜遅く疲れて帰る日がありますが、

正直そんな日に筋トレはしたくありません。

 

この場合

「やりたいこと」=「ボディのお披露目」

「やるべきこと」=「疲れた状態での筋トレ」

紐付けると・・・

「疲れている時だからこそ

体にさらなる負荷をかけることができて艶美な肉体に繋がる」

自分に言い聞かせることができます。

 

上記は僕の個人的な肉体改造の話しですが、

この「意味づけ」は大学の授業、就活など皆さんの日常生活でも

活かすことができます。

 

例えば、

将来は海外で活躍できるビジネスパーソンになりたいAさん。

ただ、学校のゼミでは価値観の合う友達がおらず、

できれば授業に出たくないと思っています。

 

この場合、

「やりたいこと」=「海外で活躍できるビジネスパーソンになる」

「やるべきこと」=「友達のいないゼミに出る」

 

紐付けると・・・

「ゼミに出て価値観の合わない人にも

積極的にコミュニケーションを取れるようになることが将来の夢の第一歩だ」

というように意味づけられます。

 

この意味づけは「やるべきこと」を

いかに抽象化するかがポイントです。

 

皆さんも日々のどんな行動にでもやりがいを感じられるように

「意味づけ力」で圧倒的な成長をしていきましょう!